SILKYPIX をMIDIデバイスで操作


久しぶりの更新です。

MIDIデバイスでCanon Digital Photo Professionalを操作するプログラムを作りましたが、今回は市川ラボラトリー社製のSILKYPIX Developer Studio ver9 も使えるようにしてみました。

RAWファイルをいじるときなど、ノブなどでアナログ操作できるのは、便利ですね。

使用したMIDIデバイスは Auturia の MiniLab mk2 です。
これはノブは相対値が可能。パッドの他にキーボードもあるため、入力項目が多く出来ます。
大きめなので、ちょっと場所の問題がありますが。
DSC_0022-2.jpg

他のデバイスは持っていないので、確認していません。機会があれば、入手して試してみたいと思います。
その時はコンパクトなものを購入しようと思います。

今回対応したSILKYPIXは最近Ver10が発売されたばかりな。操作性がどうなっているか。

DPPとSILKYPIXとの切り替えは自動では出来ないため、今後の課題でしょうか。
あとソニーのEditとViewer についてもやってみたいと思いますが、いつになることやら。
まずは自分でいろいろ使ってみながらバグ取りを優先しようと思っています。


実際に使用する際には次のように共通の項目をキーに割り振りしてみました。

ノブ(エンコーダー)の割り振り
DPP明るさコントラストシャドウハイライト色あい色の濃さ角度
SILKYPIX露出補正色温度N/A
ノブ1234568


パッド:メニュー切り替え
DPPレンズ補正トリミング部分調整ゴミ除去N/A撮影時に戻す
SILKYPIX露出・明るさホワイトバランス調子回転・デジタルシフト履歴を進める履歴を戻す
パッド123478

DPP基本的な調整ディテール調整トーン調整色調整基本的な調整N/AN/A撮影時に戻す
SILKYPIXN/AN/AN/AN/AN/A自動調整自動露出補正初期化
パッド910111213141516

キー

DPP明るさ -0.33編集画像表示明るさ -0.252画面表示明るさ +0.25明るさ +0.33N/A
SILKYPIX露出 -0.33プレビュー露出 -0.25マルチビュー露出 +0.25露出 +0.33コンビネーション表示
キー1234567

DPPコントラスト -0.5N/Aコントラスト +0.5先頭画像倍率 Fit倍率 100%最後尾
SILKYPIXサムネイル表示N/AN/AN/AN/A
キー89
10
16171819

DPP1つ前の画像次の画像左へ90度回転右へ90度回転
SILKYPIX
キー21232425

ちなみにソフトはこれになります。名前をつけてダウンロードして下さい。Zip形式で圧縮しています。

適当なフォルダーで解凍してM2APP.exeを実行して下さい。 他に必要なDLLは無く、レジストリは変更していません。

インストール作業は必要ありません。アンインストールはファイルの削除だけです。

使用は自己責任でお願いします。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント