MIDIデバイスで DPP4 をコントロールしてみた

久しぶりの更新です。

新型コロナで外出自粛となっていますが、元気でお過ごしでしょうか。

MIDIで Lightroom などをコントロールをするアプリはあるそうですが、私は持っていないません。というわけで作ってみました。
巣ごもりでのおかげで、先週からちょっとスピードアップ。でも作るのに1月半位かかってしまいました。
でも、やっとひな形が出来た感じです。まだアルファー版といったところでしょうか。
あとは持ってるソフトがSILKYPIX ver9 とSONY Imaging Edit があるので、これも対応させていきたいと思っています。
いつになることやら。

私の持っているMIDIデバイスはこれ。ARTURIAのMiniLab MK2 です。
DSC_0022-2.jpg

編集の様子はこんな感じ。
DSC_0021-2.jpg

プログラムの画面はこれだけ。
2020-04-08 (3).png
機能としてはツールパレットにある項目を変更できます。

エンコーダー、キーボードに数値の変更を割り当てて、パッドにはDPP ツールパレットの切り替えようタブを割り当ててます。

本当は Loupedeck+ を使ってみたいのですが、DPPが対応しないんですよね。
対応してくれないかな。







ソフトはこれ。M2App.zip
もしトラブルがあっても、すべて自己責任でお願いします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント